事業内容

地質調査

地質調査に関わる技術者として、創業以来蓄積されたノウハウを駆使して幅広いニーズにお応えいたします。

構造物基礎地質調査解析

 構造物荷重を支持する地質は多種多様です。その地質構成及び強度の正確な把握に努め、基礎構造設計に有効な地質資料を提供いたします。

関連調査:文献資料調査、地形判読調査、現地の地形・地質踏査、機械ボーリング、標準貫入試験、
     孔内水平載荷試験、PS検層、室内土質岩石試験、工学的所見の整理・解析

構造物基礎地質調査解析

原位置試験・検層・観測

 地盤解析に必要な各種原位置試験、検層、観測等に対応いたします。

関連調査:平板載荷試験、孔内水平載荷試験、弾性波探査、電気検層、地下水検層、地下水位観測、
     揚水試験、水質試験

原位置試験・検層・観測

地すべり調査解析

 地すべりは地質構造との関連性が強く、発生箇所ごとに地すべり機構が異なります。品質の高いボーリングコア・各種検層試験・動態計測等からすべり面の把握・地すべり機構解析・対策工法の検討と施工を行います。

関連調査:地表踏査、機械ボーリング、地下水検層、ルジオン試験、孔内傾斜計設置観測、
     パイプ歪計設置観測、地盤伸縮計設置観測、地下水位計設置観測、地すべり機構解析、
     対策工法の検討、さく井工事、地下水排除工施工、地すべり施設点検

地すべり調査解析

軟弱地盤調査解析

 軟弱地盤は、計画構造物規模・地盤特性・周辺環境・施工条件等を考慮した対策が必要です。地表踏査、ボーリング調査及び補間調査、室内土質試験等から地質構造・地盤強度を精度良く把握し、その結果を反映した対策工法検討を行います。

関連調査:機械ボーリング、スウェーデン式サウンディング試験、三成分コーン貫入試験、
     ポータブルコーン貫入試験、室内土質試験、安定解析、対策工法の検討

軟弱地盤調査解析

急傾斜地調査解析

 急傾斜地は、斜面上部~斜面尻部までの地質構造を把握し、崩壊機構を明らかにすることが必要です。斜面変状を確認しボーリング調査、補間調査で斜面内部の地質構造を明らかにし、的確な対策工法を提案いたします。

関連調査:地表踏査、機械ボーリング、標準貫入試験、簡易動的コーン貫入試験、安定解析、
     対策工法の検討

急傾斜地調査解析

河川堤防浸透流調査解

 河川堤防には、耐浸透機能、耐浸食機能、耐越水機能、耐震機能が要求されます。河川堤防は永年の逐次強化を重ねた構造物ですので、対象箇所毎に複雑な盛土構造となっています。堤防内部の地質状況、強度、透水性を把握し、浸透流解析にてその安定性及び対策工法を提案いたします。

関連調査:機械ボーリング、標準貫入試験、単孔を利用した透水試験、室内透水試験、室内土質試験、
     浸透流解析、対策工法の検討

河川堤防浸透流調査解

災害時の地質調査解析

 豪雨災害や地震災害など、災害発生時に速やかに現地調査を実施し、地質調査計画の立案・実施、解析を行います。

災害時の地質調査解析

土砂災害防止法に基づく基礎調査

 土砂災害から県民の生命及び身体を保護するため、土砂災害が発生するおそれのある土地の区域を明らかにし、土砂災害防止のための対策の推進を図るとともに、行政と住民が情報を共有するための危険箇所基盤図等の作成を行うものである。

土砂災害防止法に基づく基礎調査

室内土質試験

 地盤の解析には、原位置での地盤強度の把握が必要です。乱れの少ない試料を採取し室内物理・力学試験を行い、正確な地盤強度を提供いたします。

関連調査:土粒子の密度試験、土の含水比試験、土の粒度試験、液性・塑性限界試験、一軸圧縮試験、
     一面せん断試験、三軸圧縮試験、圧密試験、室内CBR試験

室内土質試験

物理探査・検層・観測・試験

 地盤解析に必要な各種物理探査、検層、観測、試験に対応いたします。

関連調査:弾性波探査、電気検層、地下水検層、地下水位観測、揚水試験、水質試験

物理探査・検層・観測・試験